確定申告

仮想通貨の使用により利益が生じた場合の課税関係

仮想通貨によって得られた利益は雑所得


個人の活動で得られたもうけについては所得税が課され毎年1月1日から12月31日までのもうけについて翌年の2月16日から3月15日までの間に確定申告をしなければなりません。

そのため、仮想通貨のレートが安い時に購入して、レートが高い時に売却した場合などの差額がもうけになりますので、確定申告を行わなければなりません。

国税庁のホームページのタックスアンサーにおいて「ビットコインを使用することにより利益が生じた場合の課税関係」が公表され、ビットコインを使用することにより生じる損益は、事業所得等の各種所得の基因となる行為に付随して生じる場合を除き、原則として、雑所得に区分されるとの見解が示されました。 続きを読む