平成30年税制改正

平成30年度税制改正では、中小企業の代替わりを促進する事業承継税制の拡充や賃上げ・生産性向上を後押しする税制の改正が行われ、個人所得税については、給与所得控除と基礎控除の見直し等が行われます。 続きを読む

仮想通貨の使用により利益が生じた場合の課税関係

仮想通貨によって得られた利益は雑所得


個人の活動で得られたもうけについては所得税が課され毎年1月1日から12月31日までのもうけについて翌年の2月16日から3月15日までの間に確定申告をしなければなりません。

そのため、仮想通貨のレートが安い時に購入して、レートが高い時に売却した場合などの差額がもうけになりますので、確定申告を行わなければなりません。

国税庁のホームページのタックスアンサーにおいて「ビットコインを使用することにより利益が生じた場合の課税関係」が公表され、ビットコインを使用することにより生じる損益は、事業所得等の各種所得の基因となる行為に付随して生じる場合を除き、原則として、雑所得に区分されるとの見解が示されました。 続きを読む

役員借入金と役員貸付金の取り扱い

中小企業では、法人と役員との間で金銭の貸し借りが行われることがしばしばあります。
いわゆる「役員借入金」と「役員貸付金」は税務上問題となるケースがありますので、解説していきます。 続きを読む

年末調整の流れ

今年も11月に入り、いよいよ年末調整の季節が近づいてきました。
会計事務所としても大きなイベントの一つとして気合いの入る時期です。

今回は、年末調整で必要となる「所得税額の計算の流れ」を見ていこうと思います。例として、給与所得者の場合を中心にお話しします。 続きを読む

選挙の費用は税金だった!?

10月22日に選挙が行われましたが、この選挙で使われた費用は皆さんが納めている税金を使っているということはご存じでしょうか?

今回は衆議院選挙に注目してどのくらいの費用が使われているか、どういったことに使っているのかなどを説明していきます。 続きを読む

入湯税とはどんな税金なのか

これからどんどん寒い季節になっていきます。寒くなると温泉に入りたいと思うときはありませんか?
実は温泉に入るときにも私たちは税金を支払っているのです。今回はその税金についてご紹介します。 続きを読む

消費税の計算は2つある

消費税の計算方法は2つあることはご存じですか?
消費税はどんな税金かということと消費税の計算方法の内容をご説明致します。 続きを読む

今から確認しておきたい年末年始の資金繰り

年末年始は、年末商戦に向けての在庫の積み増しや冬季賞与の支払いなど、資金需要が多くなる時期です。
気付いた時には、資金がショートに取引先への支払いができないということがないように今のうちから年末年始の資金繰りを計画しておきましょう。 続きを読む